ABOUT ME

 ABOUT ME



Elina G. Asato 
Hamilton is Assistant Professor of Music and Area Chair of Musicology at the University of Hawai'i, Mānoa. She was previously a Visiting Lecturer at M.I.T. and has also taught graduate courses at the Boston Conservatory at Berklee.




In 2015 Hamilton received her MA and Ph.D. from Bangor University after completing a dissertation titled “Walter of Evesham Abbey and the Intellectual Milieu of Fourteenth-century English Music Theory.”  She received a BMus in Piano Performance from Portland State University in 2007, where she studied with pianist Harold Gray, former director of Portland Piano International. 

Elina was born and raised in the mountains of Nagano, Japan and speaks Japanese natively. As a child, she studied piano privately with Kumiko Nishi and Junko Hara and attended Japanese schools.



ハミルトン エリーナ 
長野県戸隠村の山のふもとで育つ。
日本の文化を習うため親の要求により保育教育から日本の教育を受け、8歳からピアノを習い始める。中学時代からは憧れの音楽家を目指し始め2003年にアメリカに移住し、ポートランド州立大学の音楽部ピアノ専攻に入学。

バッハやベートーヴェンを弾きながら気になったのは西洋音楽の音符の歴史。ピアノ科よりも音楽歴史に興味をもち2008年ウェールズのバンガー大学に音楽学を勉強するため大学院生になる。2009年には博士研究の奨学金を受け大英国で5年間14世紀のイギリス音楽の勉強を熟す。研究結果はオクスフォード大学を始めセントアンドリュース大学、プラハのチャールズ大学、アメリカではプリンストン大学、マサチューセッツ工科大学、イエール大学各地で発表する。

2020年ハワイ州立大学マノア校の音楽学部教授として務める。